サービス

CHIVOXとは

世界トップの「英語スピーキング評価 AI」です

  • グローバルで1,000社を超える企業で導入されています
  • 132の国と地域で利用され、エンドユーザーは 1.3億人を超える、毎月6億回以上のスピーキング評価を行っているサービスです

①CHIVOXによる定型文の発話評価精度は93.1%(人による精度は82.9%)
定型文例:次の英文を発話してください「There are three girls.」

②CHIVOXによる自由回答の発話評価精度は91.7%(人による精度は75.2%)
自由回答例:イラストを見て英語で自由に説明してください

※上記の数値は、海外自治体 (Guangxi) の実証実験による結果です

  • 中国の大学及び高校入試におけるリスニング(L)・スピーキング(S)テストの自動採点で導入されています
  • 上海市や北京市を始め、22の自治体での導入実績があります(34の自治体中)

サービスの仕組み

  • 参照テキストとプロダクトの準備が必要
  • エンドユーザーの発話した音声データとあらかじめ用意した”参照テキスト”を元に、CHIVOXが評価を行う
  • 評価結果はAPIを経由してプロダクトにJSONデータで返され、エンドユーザーにフィードバックされる

CHIVOX機能の説明

対応プラットフォーム

Webブラウザ、Windows、macOS、iOS、Android
実装したいプラットフォームに合うものを選択できます

CHIVOXデモはこちら

主要機能の紹介

単語評価

自由発話認識評価

オープンクエスチョン評価

評価機能について

  • 音素レベルで発音評価
  • 「評価→診断→改善指導」といったスピーキング学習における一連の学習指導プロセスを自動化し、学習者のスピーキング学習PDCAを促進
  • 発話後、瞬時に評価結果をフィードバック
SDKのバージョン情報はこちら

CHIVOX導入によるメリット

  • 英語スピーキングの自動採点により、学習のPDCAを回すことが可能に
  • 属人的でない均質かつ定量的な英語スピーキング評価を実現
  • 英語スピーキングテストの採点コスト削減&スケーラビリティを実現
  • 高精度なスピーキング評価機能搭載によるサービスの付加価値アップを実現

CHIVOX導入イメージ

STEP
課題の確認
  • 事業における課題を確認
  • 課題解決のアプローチをディスカッション
STEP
CHIVOX導入の方針/目的の設定
  • 課題解決のアプローチを擦り合わせ
  • CHIVOX導入サービスのイメージを検討
STEP
要件定義
  • サービス/システムの要件定義
STEP
コンテンツ準備 ※必要に応じて
  • 問題準備(問題文/イラスト/音声等)
  • 解答作成
STEP
システム開発 
  • CHIVOX APIを連携
  • UI/UXの開発

※ローンチ後もモニタリング&サービスの磨き込みをご一緒させていただきます

導入事例

※50音順

株式会社アルク

株式会社アンフープ

株式会社ジージー

株式会社スタディーハッカー