MESSAGE

EdTechと呼ばれる領域に、いま社会の注目が集まっています。

EdTechとはEducationとTechnologyを組み合わせた造語で2010年頃に米国で生まれた言葉です。

 

我が国では人口減少に伴う生産年齢人口の減少や、働き方改革等の動きが高まる中、労働生産性の向上は喫緊の社会課題です。

教育領域も例外ではなく、寧ろ優先度を上げて取り組むべき領域であり、日本国政府は成長戦略にEdTechを組み込み、文部科学省や経済産業省等も独自の取組みを開始。

また、国会議員がEdTech推進議員連盟を立ち上げるなど、国全体での教育革新に向けた動きが進んでいます。

 

EdTechの本質はAI・IoT・VR等の最先端技術及び既存技術といったデジタルテクノロジーを、教育領域に存在する様々な課題に対し、適切に利活用することによる教育革新にあると我々は考えます。

我が国の教育現場に目を向けますと、教育を提供する側/教育を受ける側双方に「昔ながら」を重視する風潮が根強く残っていると感じます。

伝統的な価値観は尊いものですが、テクノロジーが教育領域にもたらす革新は私たちの人生をより豊かにする、と我々は信じています。

 

アイードはコーポレートビジョンとして「デジタルテクノロジーの利活用を通じて教育領域が抱える課題解決を目指す」を掲げています。

これからも我々は、様々なステークホルダーの皆様の課題解決に貢献できるように取り組んでまいります。

 

アイード株式会社
代表取締役 宮澤瑞希

COMPANY

会社名
アイード株式会社(AIed Inc.)

所在地
〒141-0032
東京都品川区大崎3-5-2 エステージ大崎ビル6F

設立
2019年1月

資本金
1,000万(資本準備金を含む)

事業内容
自然言語処理、機械学習/深層学習技術に関わるアルゴリズムライセンス事業

代表者
宮澤瑞希

ACCESS

所在地
〒141-0032
東京都品川区大崎3-5-2

エステージ大崎ビル6F

 

COMPANY | アイード株式会社